デリヘル嬢の給料

デリヘルにまつわるお金の事情はどのようなものなのでしょうか。
今回は、デリヘルをはじめとする風俗店の料金や風俗嬢の給料などについて紹介していきたいと思います。

まずはデリヘル嬢の給料についてです。
その値段は一日当たり30,000円〜100,000円とピンからキリまでといった感じです。
一口にデリヘル店と言っても、大衆店、一般店、高級店の3種類にわけることができます。
大衆店であれば30,000円〜40,000円、一般店であれば、50,000円〜60,000円、高級店であれば80,000円〜100,000円というのがおおよその一日当たりの給料の相場です。
当たり前ですが、高級店のほうがお客様の利用料金は高く、そのぶんデリヘル嬢へバックされる金額も多くなります。

デリヘルの仕事は基本的に完全出来高制です。
自分が接客したお客様の数が多ければ多いほど、もらえる金額は増えていきます。
もちろん、逆に全く指名がなかったりそもそもお客様が来なかったりした場合は、その日は給料が出ないということになります。
お客様が支払った金額のうち、どれくらいの割合がデリヘル嬢の収入になるかの比率を「バック率」といいます。
バック率の相場は50%〜60%といったところです。
60分15,000円のコースであれば、7,500円〜9,000円がデリヘル嬢へのバック金額ということになります。
ごくまれにバック率が60%以上のデリヘル嬢も存在します。
指名が多い、週5日以上出勤している、一日6時間以上働いている、AV女優、モデルなどがその条件の一例で、お店にとって高いバック率で返す価値がある、貢献してくれていると思われたデリヘル嬢には特別な待遇がされるケースがあります。

先ほど説明した60分15,000円のコースで7,500円のバックというのは、サービス時間に対するバック金額です。
これとは別に風俗店には指名バックとオプションバックというものがあります。

店舗型の風俗店であれば受付で写真を見て選択する、デリヘルのような無店舗型であればホームページの写真を見て選択する、これを指名といいます。
指名料金の相場は1,000円〜4,000円で、このバック率は50%〜100%が一般的です。
また風俗店ではオプションプレイというものが存在し、具体的にはローター、バイブ、パンスト、顔射などのことをいいます。
だいたいどの店舗でも10種類以上はあり、オプションによって料金もバック率も違います。
料金は1,000円〜10,000円以上するものまでさまざまで、バック率はやはり50%〜100%が相場です。

サービス時間、指名、オプションなどそれぞれに対するバックは、そのお店でもだいたい50%が基準です。
求人情報を見たり、採用面接の際にしっかり確認したりするに越したことはありませんが、現時点では一般的に、バック率の最低ラインは50%であるという認識で問題ないと思われます。